チーズで健康な体を!日本の医療事情はこちら!

(更新日:2016/12/06)

★医学部の学費は値下がり傾向でも難易度は上昇中!専門予備校で賢く準備!★

2016年5月27日

医学部難易度比較ランキング医学部の学費は、国公立大学では6年間の総額が他学部と同じ平均350万円となっていますが、安いだけ難易度は非常に高めです。地方の中堅国立大学医学部でも偏差値65は要求されています。そこで、学力が足りない人は私立大学医学部を目指していましたが、近年は難易度が上昇しており偏差値60は最低でも必要になっています。これは、先行きの見えない日本経済や終身雇用制度の崩壊に伴い、安定して高い給与が得られる医学部の人気が高まっているからです。また、私立大学医学部では優秀な学生を集めるために相次いで学費の値下げを実施しており、国立大学医学部や他学部を志望していた優秀な学生が流れ込んでいます。私立大学医学部で一番安い学費2080万円を誇る順天堂大学は、今では私立御三家と肩を並べる難易度を誇っています。今後も学費の値下げを行う大学は増加することが予想されるため、私立大学医学部でもしっかりと対策と高い学力が要求されるということです。もし、これから医学部受験を考えるなら専門予備校で学ぶことをおすすめします。大手予備校のほうが合格実績は高いように見えますが、合格率でいえば専門予備校のほうが高いでしょう。なかには、医学部合格率80%以上を実現している予備校もあるので、広告やブランド名に捉われず、自分に最適な学習環境を探していきましょう。医学部専門予備校の特徴としては、少人数指導で徹底した学習管理のもと手厚いサポートが受けれるのが特徴です。大手予備校でも活躍する有名講師を少人数で独占できたり、生徒一人ひとりの指導やサポートの時間を多く費やしたりするためどうしても学費は高くなりがちです。ただし、その分医学部合格率が高く、1年合格も夢ではありません。大手予備校で多浪することを考えれば、時間も学費も節約できます。説明会や無料体験授業に参加してぜひ候補に入れてみることをおすすめします。

医学部 学費はコチラ

チーズで健康な体を!日本の医療事情はこちら!

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約

Copyright (C) チーズで健康な体を!日本の医療事情はこちら! All Rights Reserved.